SUCROSE 指圧屋シュークロース

ブログ

ブログ

梛(なぎ)の葉

2018/7/26 カテゴリ:

梛の木は、広葉樹の様な葉を持ちますが、実は針葉樹だそうです。葉の葉脈は縦方向にしかなく、従って簡単には千切ることは出来ません。

 

古くから神が宿ると言われる『梛』の古木に会いに、熊野三山のひとつ、熊野速玉大社に行ってきました。

 

 

 

 

熊野速玉大社は、紀伊半島の、丁度、大阪からも名古屋からも遠い場所(新宮市)にあります。

 

 

天然記念物、樹齢1000年の『梛』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梛の葉は、切れにくいことから大切な人との絆を結ぶ御守りとして信奉されています。

 

 

大切な人との恒久の絆を祈念した後に、新宮市のもう一つのパワースポット神倉神社ゴトビキ岩に向かいます。

 

 

(神倉神社は、熊野速玉大社の摂社)

 

 

ゴトビキ岩は、鳥居から急勾配の鎌倉積み石段538段を登ぼらなければ見られません。

25段目に先行する、腰の曲がったおばあさんを心配しながら、私も登ることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おばあさんとの距離をぐんぐん縮めるはずが、どんどん離されてしまいます。

 

 

 

私は、おばあさんに追い付くことに必死で、ゴトビキ岩の事も忘れてしまいました。

 

 

 

 

 

山頂にて、おばあさんと自撮り。

(おばあさんの上にゴトビキ岩があることを写真で気づく)

 

おばあさんは妖怪だったのかもね

 

 

 

 

 

 

 

山頂からは、新宮中心部を望み、新宮川の向こうに三重県です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東大を抜けたその先に

2018/7/21 カテゴリ: 下町さんぽ

正門から安田講堂にかけての並木道は、東大のシンボルの一つと言えましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この並木道に垂直に交わる、南北方向の(横の道)も趣があります。

 

 

本郷三丁目から最寄りの門、理学部生物学科前の通用門から入り、横の道に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

横の道は、途中、文学部、法学部、工学部の校舎を突き抜けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本郷キャンパスから、言問通りを構内歩道橋で渡り、弥生キャンパスへと入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

農学部を抜け、地震研究所まで横の道は続きます。

 

地震研究所の裏手の通用門から、東大を出て、新坂を下ると、すぐに根津神社の裏口です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

根津神社を横切り、日本医大の裏手、保健所通りを抜けると、千駄木『ふくの湯』はあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふくの湯は、湯温41度で熱すぎず、文京区では貴重な銭湯です。

線路端の小花に魅せられて

2018/5/31 カテゴリ:

この時期になると、北海道の空き地には花が競うように咲きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タンポポとスズランしか知りませんが、所謂雑草と呼ばれる小さな花が、一番綺麗だと思います。夕張にて(水野)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

武蔵国パトロール

2018/5/24 カテゴリ: 下町さんぽ

昔、都が奈良盆地にあった頃、武蔵国は中央から離れた片田舎であったと思われる。

 

その、武蔵国の国府があった大国魂神社にお詣りしたところ、御霊大神と大国魂大神が祀られていました。

 

 

大国魂神社から頂いたリーフレットには、武蔵国に散らばる一ノ宮から六ノ宮にも大神様が祀られており、全てに詣らねば、片詣りになるのでは?との疑問があって、それではと、全てお詣りしてきました。

 

 

 

 

一ノ宮 (小野大神)

府中から京王線で10分くらい、多摩川を渡って直ぐの聖蹟桜ヶ丘にありました。

 

 

 

 

 

二ノ宮 (小河大神)

京王線で八王子に出て、八高線と五日市線に乗り換え東秋留にあります。

 

大国魂神社と一ノ宮、二ノ宮までは、多摩川沿いの河岸段丘の小高い森の中に鎮座しています。

 

 

 

三ノ宮 (氷川大神)

青梅線、中央線、武蔵野線、埼京線と乗り換えながら、大宮の氷川神社に着きました。

この氷川神社、武州一ノ宮と名乗り、大国魂神社の説明と異なります。(ん?)

 

 

 

 

四ノ宮 (秩父大神)

大宮の氷川神社から、日にちを改め、荒川上流の秩父神社にレンタカーで行きました。

ここも荒川の河岸段丘の上に鎮座しています。

秩父神社では、秩父総社と名乗り、大国魂神社との関連を示す説明書きはありませんでした。(ん?)

 

 

 

五ノ宮 (金佐奈大神)

金佐奈神社には本殿は無く、山が御神体だそうです。

埼玉県北部、利根川水系神流川沿いにあります。

この神社も、大国魂神社に背いて、二ノ宮と名乗り住所も埼玉県児玉郡神川町二ノ宮です。

 

 

 

 

六ノ宮 (杉山大神)

最後にお詣りしたのは、横浜線の十日市場駅から、かなり歩く、杉山神社です。

横浜の鶴見川水系沿いには、杉山神社が40くらいあるみたいで、その内、何箇社が本家を名乗ります。

ただ、この神社の宮司さんは、大国魂神社の「暗闇祭り」に招かれるそうで、いわば公認だそうです。

 

 

 

武蔵国は、廃藩置県まで続きました。二日間に渡り、電車とレンタカーと己の足を駆使しながら、その大きさと、国府や郡の中心地がどの様な経緯で出来たか、自分なりに考えながらの小旅で楽しかったです。

 

水野

ケンムン探し

2018/4/26 カテゴリ:

ケンムンをご存知でしょうか?

それは、奄美大島のガジュマルの根元にいる、イタズラ好きで、相撲好きの妖怪です。

 

 

 

 

 

 

 

 

目撃情報があった、宇検村のガジュマルにも、土俵にも居ません。

 

 

時に、動物や植物に姿を変えるそう。

苔の階段を登り、峰田山に探しに行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

熱帯雨林のこの山からは、焼内湾が一望出来ます。

 

 

 

 

 

 

ナメクジとイモリやハイビスカス。気配はするのですが、ケンムンに撒かれたみたいです。

1 / 5012345...102030...最後 »