SUCROSE 指圧屋シュークロース

ブログ

ブログ

休みの日には(その1)

2012/10/11 カテゴリ: 店長の指圧物語

 畑の真ん中を通り抜け、とある大学に講義を聴きに出かけます。

 私の身分は、かもく履修生。

まわりは全員20歳前後の大学生。

 なぜ、こんな田舎の大学に行くかというと、通学途中の高崎線から見る景色が楽しいから。

 大学での講義で脳を動かし、高崎線で頭の中をシャッフルすることが何よりの気分転換。

 もう一年半通っていますが、友達が出来ないので誰ともしゃべりません。だから寡黙履修生。