SUCROSE 指圧屋シュークロース

ブログ

ブログ

研修旅行(香道;体験)

2014/2/7 カテゴリ: 店長の指圧物語

サービス道の研鑽とスタッフの慰安を兼ねて、雪の北陸に行って来ました。

 

一日目。金沢の香林坊にある、香舗『伽羅』にて『香道』の体験をさせていただきました。

『香道』は、希少な香木を嗅いで(『聞く』といいます)違いを当てるゲームです。

微妙は香りの違いを聞き当てるのは簡単ではありません。

 

 

ゲームと言っても貴族のゲームなので、シキタリがあります。

先ずは、けい子先生からシキタリを習います。

 

灰の中には炭火があり、綺麗な五角形の紋様を描きます。香炉の淵は布で清め、灰のてっぺんに薄い雲母を乗せ、その上に香木を置きます。

 

出香のけい子先生から、香炉がまわされます。

 

 

 

 

 

 

 

今回は、三種香という遊びです。

遊び方、

一、3種類の香木を3個ずつ用意しシャッフルします。その中から三つを選びます。

二、選んだ香木を順番に嗅ぎ、三つが同じ香りか違うのかを、聞き当てます。

三、3の階乗すなわち5通りの中から、答えを文学的に筆書きします。(例えば、3回の香りが同じなら尾花露。3回とも違えば緑樹林など)

けい子先生から、不肖私が満点を頂戴いたしました。