SUCROSE 指圧屋シュークロース

ブログ

ブログ

ケンムン探し

2018/4/26 カテゴリ:

ケンムンをご存知でしょうか?

それは、奄美大島のガジュマルの根元にいる、イタズラ好きで、相撲好きの妖怪です。

 

 

 

 

 

 

 

 

目撃情報があった、宇検村のガジュマルにも、土俵にも居ません。

 

 

時に、動物や植物に姿を変えるそう。

苔の階段を登り、峰田山に探しに行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

熱帯雨林のこの山からは、焼内湾が一望出来ます。

 

 

 

 

 

 

ナメクジとイモリやハイビスカス。気配はするのですが、ケンムンに撒かれたみたいです。

都内公園めぐり

2018/3/29 カテゴリ: 下町さんぽ

お花見日和の休日。都区内のJRフリーきっぷ(750円)を使って、都立公園各所をめぐりました。

 

このきっぷ、北は埼京線「浮間舟渡」、南は京浜東北線「蒲田」、東は常磐線「金町」、西は中央線「西荻窪」と、23区って意外と広いですね。

 

 

 

 

金町駅はJRの駅ですが、快速は止まらないし、途中北千住〜綾瀬間は、東京メトロ千代田線の線路を通らないと行けないので、どの様に行くか悩みましたが、北千住乗換えでも追加料金はかかりませんでした。

金町駅から徒歩30分のところに、水元公園があります。

公園がやたらとデカイので、駅から往復と合わせ、2時間は歩きます。

 

 

 

 

 

 

一方、楽なのは浮間公園。都区内随一の駅前都立公園です。

 

 

 

 

 

 

 

 

最北端の浮間舟渡駅から、最南端の蒲田駅の一つ手前の大森駅で下車。

大森駅から、京急バスに30分乗車(216円)。途中、大田市場や倉庫街、工業団地を経由し、城南島4丁目のバス停を降りると、目の前に城南島海浜公園が広がります。

 

 

 

 

 

この公園は、船や離着陸の飛行機を間近で見られるスポットなのです。

 

 

 

 

 

大森駅に戻り、京浜東北線〜山手線〜中央線と乗換え、西荻窪で下車します。

駅から、北に歩くと善福寺川にぶつかります。

善福寺川沿いに、上流に向かって歩きます。

途中、北側に小高い丘と森が見えました。

 

 

 

 

 


井草八幡宮です。

とても厳かで、都内とは思えません。

 

 

 

 

 

 

やがて、善福寺公園の池と花見をしている人たちが見えてきました。

杉並区は、なんて『いいとこなんだろう』と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

冬の奄美大島2

2018/2/18 カテゴリ:

昨年の12月に行ったオフシーズンの奄美大島が、ツボに入ったみたいで、再訪しました。

この島のシーズンは、春から秋にかけての海。サンゴ礁の熱帯魚に癒されます。

今回、海は冷たいので、山に行きました。

島の8割くらいは、このような原生林です。

 

原生林には、天然記念物の「奄美の黒うさぎ」や、綺麗な野鳥「ルリカケス」がいます。(今回は見られませんでしたが)

 

 

 

ハブに注意しながら、原生林の中を進むと「マテリアの滝」に出ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乗り物好きなので、空港や港も外せません。(水野)

 

 

 

2018 今年もよろしくお願いします

2018/1/4 カテゴリ: 店長の指圧物語

皆様、明けましておめでとうございます。

 

私が勝手に弟子としている S から、クリスマスカードが届きました。

S は、現在ある国で指圧の普及活動をしています。

彼女は、現地の人に、『今までの指圧とは全然違う』と言われるそうです。もちろん誉め言葉であると思います。

 

彼女には 痛くないけど効く指圧 を教えました。その指圧が、海外の人に認められるのは望外の喜びです。

 

痛くないけど効く指圧とは、体の歪みを取り除きながら悪い箇所の指圧をするやり方です。

体の歪みとは、筋肉的なもの、経絡的(虚実とか)なものを指します。

そして、悪い箇所は丁寧に優しく指圧します。

 

年頭にあたり、Sに教えたこの指圧を、私はずっと続けようと浅草の神様に誓ったのでした。

 

 

 

 

冬の奄美大島

2017/12/14 カテゴリ:

暑さが残る9月に、2,780円の奄美大島行きバニラ航空券をゲット。

寒波来襲のこの季節、でも東京より格段に暖かい南の島に行ってきました。

 

ヤドリ浜は、奄美大島の最南端。

対岸に加計呂麻島が見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

民謡酒場「かずみ」では、島の料理と黒糖焼酎。

居合わせた客同士で、民謡に合わせて踊ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バニラの格安チケット。帰りは普通の早割料金なので、往復10,800円なり。

それでも、客室乗務員がニコニコしながら『私たちと一緒にフライトをお楽しみください』と、

バニラと奄美のファンになってしまった(水野)

 

 

 

 

1 / 4912345...102030...最後 »