SUCROSE 指圧屋シュークロース

ブログ

ブログ

御茶ノ水散歩

2013/10/5 カテゴリ: ブログ, 下町さんぽ

聖橋から見た景色です。

よくドラマの撮影にも使用される神田川沿いの風景はいいものです。

特に私は、丸ノ内線が交叉するこの景色がとても好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

先日天気のいい日に、御茶ノ水にある「ワテラス」に行って来ました。

広々とした敷地の中に、水が流れている階段や蓮の花が咲いた小さな池など 都会の中のいい散歩コースを見つけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

癒される〜

こういうゆるキャラ的存在が、世間の癒しになってますからね!

こだま? お地蔵様?

 

 

 

 

 

 

 

 

歩いていると「ニコライ堂」の鐘の音が!!

ニコライさんというロシアの方が建設されたこの建物には6つの鐘があって、戦前は1日3回 毎日鐘が鳴っていたそうです。

今は日曜日と、大きな行事の時のみ。

とても貴重な音を聞きました。

 

 

 

 

 

周りはオフィス街ですので、聞いた事が無い方も多いのでは??

 

 

 

怖い井戸

2013/7/22 カテゴリ: 下町さんぽ


文京区本郷の風呂無しアパートで育った私は、銭湯に行くのが日課でした。

 

 

アパート近くの菊水湯を通り過ぎ、鐙坂から一歩入った所に、

やや怖い遊び場がありました。

 

 

 

 

鐙坂の中腹、『金田一京助・春彦 旧居跡』の看板を左に曲がり、

 

 

 

 

 

細い路地を20mくらい奥に入って、

 

 

 

 

左に曲がって、

 

 

 

階段を降りた所

 

左手には井戸があります。

 

子供の私は、大げさに水を汲み上げ、必ず近所のオバサンに叱られていました。

久しぶりにこの場所を訪れましたが、井戸には40年以上前に見た怖いオバサンがいました。

…固まりました。

 

 

 

 

その井戸は『一葉の井戸』と呼ばれています。

一葉が、井戸の左手側、その後右手側に居住して、井戸を使っていたからだそうです。

 

 

この場所から、本郷菊坂のすぐ南側の細い道に抜けることも出来ます。

 

 

 

 

 

菊坂には、一葉が通った伊勢屋質店もあります。

 

 

子供の頃の遊び場は、一葉や啄木ゆかりの場所であったと知ったのは最近のことです。(水野)

神田川の秘密

2013/7/8 カテゴリ: 下町さんぽ

神田川は井の頭公園から始まり、浅草橋(柳橋)付近で隅田川に合流する24.6Kmの一級河川です。

 

神田川で随一、水道橋〜御茶ノ水〜昌平橋付近だけが、両岸付近の道からだいぶ下方に川面が見えます。(渓谷状になっています)

ここだけが渓谷になっている理由は、人工の川だからなんです。

 

水道橋から御茶ノ水方向

 

 

 

 

 

 

お茶の水橋から聖橋を望む

 

 

 

 

 

 

聖橋から昌平橋方向

 

 

 

 

 

 

万世橋から昌平橋方向を望む(左手、レンガの構造物は、旧万世橋駅)

 

 

 

 

 

 

 

神田川は、昔は『平川』の一部分で、水道橋駅(西口)付近から皇居方面に流れていました。

 

江戸城開府の折り、たびたび洪水を起こす平川の流れを変える大工事が行われました。

 

 

発注主:徳川秀忠

施工:仙台藩、伊達藩

内容:本郷台地の一部 (水道橋〜御茶ノ水)を掘り割って、平川の流れを隅田川へと変更する

 

安土桃山時代までは、店の前は川じゃなかったんです。したがって、駿河台方面へ往来が可能であったと考えられます。

 

 

当店の前から対岸に架橋して、駿河台に自由に行くことが出来たなら、向こう岸にあるアテネフランセに語学を習いに行こうかと思っています。

 

幻の橋を、店の前の堀が仙台堀と呼ばれていた事に因み、仙台橋と命名しました。(水野)

 

 

 

 

下町さんぽ(新カテゴリー)

2013/7/5 カテゴリ: 下町さんぽ

徒歩圏で行ける下町を何回かに分けてリポートしてみたと思います。

 

第1回は、私水野が上野公園の周りを歩いてみました。

 

 

当店から、サッカー通り〜無縁坂を抜けて、上野公園の入り口不忍池まではゆっくり歩いて15分くらいです。

 

 

不忍池では、かもめが欄干に止まっていました。

ここは、縄文時代までは東京湾の入り江だったと言うのもうなづけます。

かもめの向こうにはスカイツリーが見られますが、上の方は霞がかかっています。

 

 

不忍池に隣接して上野動物園があります。

 

入場料は、大人600円。入場料を払わなくても、シロクマが見られる場所があります。

 

動物園通用門の周りです。

ここは、動物園の裏側が少しだけ見られておもしろい場所。

 

 

更に歩くと、上野動物園園外倉庫なるものがあります。上野動物園の歴史を感じずにはいられません。

 

 

 

 

 

動物園の裏側からすぐの所に、上野桜木という素敵な地名にある和菓子屋『桃林堂』さんがあります。ここで水ようかんを購入。

 

桃林堂さんから東京芸術大学の建物を左右隔てる道を通り、国立博物館の手前を左に曲がったところに、国際子ども図書館という明治の建物があります。

 

子どもの図書には興味がありませんが、初めて見るこの建物が素晴らしく、みとれてしまいました。

なるほど、ルネッサンス様式を取り入れた明治期洋風建築の代表作と言う事で、我が国にもいい建物があるんだなあ〜

 

 

 

 

帰りは、上野公園口からJRでもいいし、根津から千代田線に乗って新御茶ノ水に出てもいいし、

(本日の散歩時間は、約120分でした。)

 

少々蒸し暑い中での散歩でしたが、お店に戻って桃林堂さんの水ようかんを食べました。

これで、散歩での消費カロリーはチャラに、

 

 

 

 

 

5 / 512345