SUCROSE 指圧屋シュークロース

ブログ

ブログ

指圧人生を振り返るのはまだ早いですが、

2017/8/29 カテゴリ: 店長の指圧物語

1990年、母から突然、仕事を継いで欲しいと言われました。母は、ビジネスホテル客室の出張専門マッサージ師。

 

私は社会人6年目。軽い気持ちで養成所に見学に訪れ、「今度の土曜日が入学試験だから、早く手続きして下さい」と言われ、あっと言うまに入学が決まりました。

 

1994年、日本指圧専門学校を卒業して、無事「あん摩マッサージ指圧師」の資格を得たものの、臨床経験は全くありません。

 

半年間、高島平ラドンセンターマッサージ室で臨床経験を積みながら、鍼灸マッサージ院を開業されている吉田先生の見習いに入りました。

 

1995年1月、同級生の小竿と文京区小石川で指圧屋シュークロースを開業。

 

【開業当初の治療アイテムといえば】

養成所の実技授業で習った「基本指圧」、ラドンセンターで身につけた「気持ちいい指圧」、鍼灸師の師匠から習った「漢方の見立て」そして怪しげな「O-リング検査法」でした。

養成所の老師曰く、若手指圧師は「基本指圧」を疎かにする。私も然りでした。

 

【時は流れ、10年から20年目。もうベテランの領域に入りました】

 

患者さんは、自覚症状の改善と、そこに至るまでの指圧の強さを求めます。(強い指圧が好きとか、痛い指圧はだめとか)

それに対して指圧師は、自覚症状を起こしている原因を探求して治療に当たります。

原因の探求に時間がかかりすぎたり、患者さんの求めとはズレる事が課題でした。

 

【指圧師になって20年を過ぎたあたりから】

患者さんの体を指圧しながら、「どこをどのように指圧」すれば良いか、バーチャルリアリティーの映像が目の前に現れるような感覚で分かるようになり始めました。

 

私には、この感覚を磨くための指標になる患者さんが二人います。

痛いのは苦手だけど、悪いとこを指圧するのに全体重をかけた指圧をしなければならない患者さん。

もう一人は、短い時間で結果を出したい患者さん。

 

お二人に共通することとは、指に力が全く入らない全体重をかける指圧。

指に力が入ると痛いし感覚は鈍ります。体重を指に入れないと刺激が伝わりません。

刺激とは、ハンドパワーも含みます。

 

ここで、25年前に老師が言ってた「基本指圧」ってこれなんだ!と気づいた次第です。

横向きからと仰向けから

2017/5/21 カテゴリ: 店長の指圧物語

私どもの全身指圧コースでは、仰向けで”足”から指圧する場合と、横向きで首から指圧する場合があります。

 

競合他店では、うつ伏せから指圧マッサージする場合が多いと思いますが、当店ではうつ伏せは最後の方です。

 

横向きからの指圧は、浪越式指圧の基本スタイルです。

首や腰に症状がある場合は、横向きの指圧で症状を取り除いてから、うつ伏せおよび仰向けで指圧した方が無理がありません。

 

仰向けで”足”から指圧する場合は、リラックス効果および全身の経絡(気の流れ)の乱れを調整することを主眼にします。

指圧屋シュークロースのお客様(または患者様)は、リラックス目的と治療目的が半々です。

 

アドラーマイブーム(心理学)

2016/11/25 カテゴリ: 店長の指圧物語

フロイトと同じ時代に心理学の礎を築いたアドラーが巷では人気です。

 

ストレスの多くは対人関係から来るものであると考えますが、

 

アドラーは、一次方程式的に理解しやすい心理学です。

結果=目的×変数 みたいな。

 

 

 

 

 

 

 

アドラーは、人の思考を変える事なんて出来ない。自分の思考を変えるか無視すれば良いと言いきっています。

だから、「あの人に嫌われたくない」「あの人の行動を変えたい」なんて考えるのはナンセンスだと。

 

また、親や学校の先生でも(長い人類史上で)たまたま早く生まれただけのものだから、「上から目線で」諭してはいけないと言ってます。

 

行動心理学では、動物の行動は報酬(物や言葉)があると増加するとされますが、報酬がないとやりません。

だから、褒めてやらせるのも限界があります。

 

私は、今まで子供や従業員に「上から目線」をずいぶん繰り返してきましたが、いい人間関係を築けたかは疑問です。反省しています。

 

「ご苦労様」「お疲れさま」は「上から目線」でしょう。

「ありがとう」も使い方によれば「上から目線」になってしまいます。

 

アドラーが言う「同じ目線」を実践するために、ありがとうなどの言葉に、気持ちを込めようと思います。

本当の気持ちを。

 

 

 

 

 

 

 

 

強い指圧と弱い指圧

2016/9/16 カテゴリ: 店長の指圧物語

【強い指圧】が好きな、比較的体力がある患者さんには強い指圧を行います。

 

ただ、強い指圧とは力任せの指圧ではありません。

指の力を出来るだけ抜いて、全体重を親指に乗せて指圧します。強い指圧は深い指圧と考えれば分かりやすいかもしれません。

 

【弱い指圧】は、病中病後や虚弱体質の患者さんに行います。

 

経絡(気の通り道)を整えて、内臓や血流の不調などを改善するのに効果的です。弱いと言っても「押す力」と「引く力」を拮抗させながらの指圧ですので、強い指圧より疲れます。

 

 

では、【強い指圧】と【弱い指圧】はどちらが気持ち良いのか?

 

強い指圧は、深い筋肉(姿勢保持筋)が緩むときの気持ち良さがあります。

また、弱い指圧は、身体の中から暖かいのもが湧くような気持ち良さです。

 

私は、患者さんの体調により、【強い指圧】と【弱い指圧】と取り混ぜなら施術しますが、状態を見誤ると良い施術が出来ません。

 

良い施術とは、気持ちが良く、効果が持続することと思料します。

 

 

 

ゲシュタルト郡化原理と腰痛治療

2016/5/21 カテゴリ: 店長の指圧物語

腰痛の原因は色々あります。

 

首や膝や内臓等の障害をカバーするために腰痛になることや、腰そのものに原因があって肩や足に症状が放散する場合もあります。

いずれにしても、腰痛の原因箇所並びに放散箇所を同時に治療しなければ完治に至るのに時間がかかってしまいます。

 

患者さんから、自身が自覚してない悪い箇所を、我々が探り当てることが不思議だとの声を聞きます。

指圧師は、患者さんの立っている姿勢や寝たときの姿勢、筋肉状態から悪い箇所を見つけることが出来ます。悪い箇所を見つけたら、コリを取り除く指圧を行います。

 

コリとは何ですか?

これも患者さんに良く聞かれることです。

コリの本質は、①筋膜(筋肉の表面を覆っている)がよれて皺になり②隣合う筋膜同士が癒着した状態を言います。

コリを取り除く指圧とは、①筋膜の皺を引き延ばし②癒着を引きはがすことです。

 

腰痛等を治療する過程で、悪い箇所を見つけたり、僅かに感じる指の感触から筋膜同士の癒着を見つけるのは、イメージなんです。

 

木の向こうのライオンが、全体像としてイメージ出来ますよね。これは、ゲシュタルト心理学の郡化原理によるところです。

 

指圧師の頭の中では、姿勢から骨や筋肉を、指の感触からコリの方向や深さを ゲシュタルトしています。

 

1 / 812345...最後 »