SUCROSE 指圧屋シュークロース

ブログ

ブログ

梛(なぎ)の葉

2018/7/26 カテゴリ:

梛の木は、広葉樹の様な葉を持ちますが、実は針葉樹だそうです。葉の葉脈は縦方向にしかなく、従って簡単には千切ることは出来ません。

 

古くから神が宿ると言われる『梛』の古木に会いに、熊野三山のひとつ、熊野速玉大社に行ってきました。

 

 

 

 

熊野速玉大社は、紀伊半島の、丁度、大阪からも名古屋からも遠い場所(新宮市)にあります。

 

 

天然記念物、樹齢1000年の『梛』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梛の葉は、切れにくいことから大切な人との絆を結ぶ御守りとして信奉されています。

 

 

大切な人との恒久の絆を祈念した後に、新宮市のもう一つのパワースポット神倉神社ゴトビキ岩に向かいます。

 

 

(神倉神社は、熊野速玉大社の摂社)

 

 

ゴトビキ岩は、鳥居から急勾配の鎌倉積み石段538段を登ぼらなければ見られません。

25段目に先行する、腰の曲がったおばあさんを心配しながら、私も登ることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おばあさんとの距離をぐんぐん縮めるはずが、どんどん離されてしまいます。

 

 

 

私は、おばあさんに追い付くことに必死で、ゴトビキ岩の事も忘れてしまいました。

 

 

 

 

 

山頂にて、おばあさんと自撮り。

(おばあさんの上にゴトビキ岩があることを写真で気づく)

 

おばあさんは妖怪だったのかもね

 

 

 

 

 

 

 

山頂からは、新宮中心部を望み、熊野川の向こうに三重県です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

線路端の小花に魅せられて

2018/5/31 カテゴリ:

この時期になると、北海道の空き地には花が競うように咲きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タンポポとスズランしか知りませんが、所謂雑草と呼ばれる小さな花が、一番綺麗だと思います。夕張にて(水野)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケンムン探し

2018/4/26 カテゴリ:

ケンムンをご存知でしょうか?

それは、奄美大島のガジュマルの根元にいる、イタズラ好きで、相撲好きの妖怪です。

 

 

 

 

 

 

 

 

目撃情報があった、宇検村のガジュマルにも、土俵にも居ません。

 

 

時に、動物や植物に姿を変えるそう。

苔の階段を登り、峰田山に探しに行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

熱帯雨林のこの山からは、焼内湾が一望出来ます。

 

 

 

 

 

 

ナメクジとイモリやハイビスカス。気配はするのですが、ケンムンに撒かれたみたいです。

冬の奄美大島2

2018/2/18 カテゴリ:

昨年の12月に行ったオフシーズンの奄美大島が、ツボに入ったみたいで、再訪しました。

この島のシーズンは、春から秋にかけての海。サンゴ礁の熱帯魚に癒されます。

今回、海は冷たいので、山に行きました。

島の8割くらいは、このような原生林です。

 

原生林には、天然記念物の「奄美の黒うさぎ」や、綺麗な野鳥「ルリカケス」がいます。(今回は見られませんでしたが)

 

 

 

ハブに注意しながら、原生林の中を進むと「マテリアの滝」に出ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乗り物好きなので、空港や港も外せません。(水野)

 

 

 

冬の奄美大島

2017/12/14 カテゴリ:

暑さが残る9月に、2,780円の奄美大島行きバニラ航空券をゲット。

寒波来襲のこの季節、でも東京より格段に暖かい南の島に行ってきました。

 

ヤドリ浜は、奄美大島の最南端。

対岸に加計呂麻島が見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

民謡酒場「かずみ」では、島の料理と黒糖焼酎。

居合わせた客同士で、民謡に合わせて踊ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バニラの格安チケット。帰りは普通の早割料金なので、往復10,800円なり。

それでも、客室乗務員がニコニコしながら『私たちと一緒にフライトをお楽しみください』と、

バニラと奄美のファンになってしまった(水野)

 

 

 

 

1 / 1312345...10...最後 »