SUCROSE 指圧屋シュークロース

ブログ

ブログ

いさぶろう・しんぺい号

2017/11/24 カテゴリ:

JR九州 薩肥線は、明治42年に全線開通した歴史あるローカル線です。

日露戦争を前に、青森から鹿児島までの唯一の未開通区間は、大変な難工事でありまして、当時の逓信大臣と鉄道院総裁が、開通記念に矢岳第一トンネルの入り口に揮毫したレリーフを掲げました。

いさぶろう・しんぺい号は、薩肥線を走る「水戸岡鋭治」デザインの観光列車です。

 

乗降客が少ない、人吉⇆吉松間は、廃止候補でしたが、日本3大車窓と、2箇所のスイッチバックやループ線、更には古い駅舎が観光資源と再評価され、見事に蘇りました。

 

 

 

 

 

一番高いのが「韓国岳」 右側にうっすら見えるのが「桜島」

スイッチバック

スイッチバックの行き止まり。ななつ星も通ります。

真幸駅

LCC初体験(日帰り九州)

2017/9/21 カテゴリ:

九州旅行は、最低でも2泊3日くらいが理想的。

飛行機も、羽田からANAかJALが一般的ですよねー

 

東京〜福岡(片道最安値料金)は、次の通り。

JAL、ANA  12,790円

スカイマーク  8,790円

ジェットスター 6,470円

 

LCC(ローコストキャリアー)ジェットスターのサービスは如何なものか体験してきました。

安いなりに非常に合理的なシステムになっていています。

 

 

安さの秘密1 航空会社が負担する空港利用料金が高い羽田ではなく、成田空港出発です。

 

成田空港までは、京成上野からアクセス特急(1,235円)か、東京駅から京成バス(1,000円)で行くのがいいでしょう。

 

 

安さの秘密2 預け荷物や機内飲み物、座席指定料が有料です。もちろん便の変更は出来ません。

 

 

 

安さの秘密3 成田空港第3ターミナルは、バニラ航空とかチェジュ航空などのLCC専用です。

レストランはフードコートになっているし、お土産屋もしょぼいのが少しあるだけです。

 

 

 

そして、第2ターミナル駅から相当歩かなければなりません。(シャトルバスもあるにはありますが)

でも、とても分かりやすいし、陸上競技場のトラックみたいでオシャレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安さの秘密4 ターミナルからは階段を降りて、タラップを登ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安さの秘密5 飛行機の稼働がタイトなので、定時運行率が悪い。

 

昨日の、最終便は30分遅れで着陸。

ブリッジ横付けとは違い、バスでターミナル着なので、京成電車の最終に乗る人はイライラします。

 

 

第3ターミナル到着22時35分。ここから、第2ターミナル駅まで、みんなダッシュです。

私も、陸上トラックを疾走しました。(水野)

大雪山系旭岳 頂上アタック?

2017/7/2 カテゴリ:

6月の終わりに二日間の休日で、北海道に。

一日目は、天候不良で待機。

二日目、朝一番の旭岳ロープウエイで山頂駅に。

 

北海道最高峰、旭岳(2,291M)へのファーストアプローチは、残雪の中。森林限界はもう超えたみたい。

 

 

 

 

 

 

 

やがて、高山植物のキバナシャクナゲが咲き乱れる登山道になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂が、雲と噴煙との合間に見えて来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから先(頂上まで2.6Km)、本格的な登山道で、山装備の無い私は登れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかたないので、高山植物を見ながら下山しました。

 

エゾツガザクラ

 

 

 

 

 

 

メアカンキンバイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(水野)

 

酒とアドラーとローカル線

2017/4/6 カテゴリ:

他のお客さんの目を盗み(笑)酒を呑む。車窓を眺めながら、読書と居眠りをする。一番リラックスできる瞬間です。

リラックス脳の時、読み直した本の内容に合点が行く事があります。

旅の収穫です。

 

昨日の目的地は、三重県『四日市あすなろう鉄道』。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご覧のとおり、普通の電車と比べてかなり小振りです。

戦前の軽便鉄道の流れをくみ、レール幅(762mm狭軌道)を変えず営業しているレアな電車です。

 

車内は、足を組んだら当たってしまうくらい。

(地元高校生撮影協力)

 

この可愛い電車に乗れて良かったです。(水野)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元従業員は鉄子になりました

2016/9/29 カテゴリ:

古き良き国鉄の香りがする、只見線(小出〜只見〜会津若松)に乗りました。

 

 

乗客がたった5人の気動車は、 越後山脈に向けディーゼルエンジンを唸らせます。

 

 今回は、元従業員の沢田さんを誘っての鉄道旅です。(顔出し了承済み)

 途中、橋が流され不通区間もありましたが、無事に会津若松に到着です。

 

 

(種苗屋さん)

 

 

(スポーツ屋さん)

 

(造り酒屋さん)

酒屋で試飲できるのが鉄道旅の良いとこ。(水野)

1 / 1212345...10...最後 »