SUCROSE 指圧屋シュークロース

ブログ

ブログ

指圧人生を振り返るのはまだ早いですが、

2017/8/29 カテゴリ: 店長の指圧物語

1990年、母から突然、仕事を継いで欲しいと言われました。母は、ビジネスホテル客室の出張専門マッサージ師。

 

私は社会人6年目。軽い気持ちで養成所に見学に訪れ、「今度の土曜日が入学試験だから、早く手続きして下さい」と言われ、あっと言うまに入学が決まりました。

 

1994年、日本指圧専門学校を卒業して、無事「あん摩マッサージ指圧師」の資格を得たものの、臨床経験は全くありません。

 

半年間、高島平ラドンセンターマッサージ室で臨床経験を積みながら、鍼灸マッサージ院を開業されている吉田先生の見習いに入りました。

 

1995年1月、同級生の小竿と文京区小石川で指圧屋シュークロースを開業。

 

【開業当初の治療アイテムといえば】

養成所の実技授業で習った「基本指圧」、ラドンセンターで身につけた「気持ちいい指圧」、鍼灸師の師匠から習った「漢方の見立て」そして怪しげな「O-リング検査法」でした。

養成所の老師曰く、若手指圧師は「基本指圧」を疎かにする。私も然りでした。

 

【時は流れ、10年から20年目。もうベテランの領域に入りました】

 

患者さんは、自覚症状の改善と、そこに至るまでの指圧の強さを求めます。(強い指圧が好きとか、痛い指圧はだめとか)

それに対して指圧師は、自覚症状を起こしている原因を探求して治療に当たります。

原因の探求に時間がかかりすぎたり、患者さんの求めとはズレる事が課題でした。

 

【指圧師になって20年を過ぎたあたりから】

患者さんの体を指圧しながら、「どこをどのように指圧」すれば良いか、バーチャルリアリティーの映像が目の前に現れるような感覚で分かるようになり始めました。

 

私には、この感覚を磨くための指標になる患者さんが二人います。

痛いのは苦手だけど、悪いとこを指圧するのに全体重をかけた指圧をしなければならない患者さん。

もう一人は、短い時間で結果を出したい患者さん。

 

お二人に共通することとは、指に力が全く入らない全体重をかける指圧。

指に力が入ると痛いし感覚は鈍ります。体重を指に入れないと刺激が伝わりません。

刺激とは、ハンドパワーも含みます。

 

ここで、25年前に老師が言ってた「基本指圧」ってこれなんだ!と気づいた次第です。

大雪山系旭岳 頂上アタック?

2017/7/2 カテゴリ:

6月の終わりに二日間の休日で、北海道に。

一日目は、天候不良で待機。

二日目、朝一番の旭岳ロープウエイで山頂駅に。

 

北海道最高峰、旭岳(2,291M)へのファーストアプローチは、残雪の中。森林限界はもう超えたみたい。

 

 

 

 

 

 

 

やがて、高山植物のキバナシャクナゲが咲き乱れる登山道になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂が、雲と噴煙との合間に見えて来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから先(頂上まで2.6Km)、本格的な登山道で、山装備の無い私は登れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかたないので、高山植物を見ながら下山しました。

 

エゾツガザクラ

 

 

 

 

 

 

メアカンキンバイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(水野)

 

横向きからと仰向けから

2017/5/21 カテゴリ: 店長の指圧物語

私どもの全身指圧コースでは、仰向けで”足”から指圧する場合と、横向きで首から指圧する場合があります。

 

競合他店では、うつ伏せから指圧マッサージする場合が多いと思いますが、当店ではうつ伏せは最後の方です。

 

横向きからの指圧は、浪越式指圧の基本スタイルです。

首や腰に症状がある場合は、横向きの指圧で症状を取り除いてから、うつ伏せおよび仰向けで指圧した方が無理がありません。

 

仰向けで”足”から指圧する場合は、リラックス効果および全身の経絡(気の流れ)の乱れを調整することを主眼にします。

指圧屋シュークロースのお客様(または患者様)は、リラックス目的と治療目的が半々です。

 

酒とアドラーとローカル線

2017/4/6 カテゴリ:

他のお客さんの目を盗み(笑)酒を呑む。車窓を眺めながら、読書と居眠りをする。一番リラックスできる瞬間です。

リラックス脳の時、読み直した本の内容に合点が行く事があります。

旅の収穫です。

 

昨日の目的地は、三重県『四日市あすなろう鉄道』。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご覧のとおり、普通の電車と比べてかなり小振りです。

戦前の軽便鉄道の流れをくみ、レール幅(762mm狭軌道)を変えず営業しているレアな電車です。

 

車内は、足を組んだら当たってしまうくらい。

(地元高校生撮影協力)

 

この可愛い電車に乗れて良かったです。(水野)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミリタリーオタク体験

2017/2/9 カテゴリ: 日常

私は、迷彩服を着ているミリオタがあんまり好きではありません。

日米安保条約によるアメリカ軍の駐留は、我が国にとって必要な事とは理解しますが、東京の西に2つの飛行基地があるなんて、1つでいいのでは?(これまでは、米空軍横田基地と米海軍厚木基地が別物だとは知らなかった)

 

 

それでも、電車や飛行機は大好きなので、小田急で1時間の厚木基地に撮影に出かけました。

 

 

 

 

 

撮影場所は南側の『大和ゆとりの森公園』

 

 

 

 

 

 

FA-18スーパーホーネットは、基地上空で編隊を解き、螺旋降下しながらランディング。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

E-2Cホークアイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P-3Cオライオン(海上自衛隊)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつまでも平和が続きますように。(水野)