SUCROSE 指圧屋シュークロース

カテゴリー

アーカイブ

ブログ

ブログ

帰って来ても石川県!

2014/2/17 カテゴリ: ブログ,

社員旅行で行った輪島の朝市で買ってきた蟹を、鍋で食べました!

風も強くて、凍りつきそうな日でも 数軒はお店を開いているそうです。

このおじさんの店では「いしる」とタコとイカの干物を買いました。

おじさん:「どこから来たの〜?」

私:「東京です〜」

おじさん:「東京のどこ?」

私:「豊島区です」

おじさん:「うちの蒸しアワビ、イケトウでも出してるからね〜」

私:「いけとう??」

おじさん:「池袋東武ね」

初めて聞きました!ちまたでは「池東」って略すのですね!

蟹は、身も詰まってて オジヤで〆て楽しみました♪

つわものどもがゆきのあと

2014/2/9 カテゴリ: 日常

昨日の大雪。

朝の開店時には、かなり残っていましたが、

区役所の除雪チームが根こそぎ持っていきました。

 

 

それにしても、文京区には除雪車まで完備しているんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪だるまつくりたかったのに、

研修旅行(香道;体験)

2014/2/7 カテゴリ: 店長の指圧物語

サービス道の研鑽とスタッフの慰安を兼ねて、雪の北陸に行って来ました。

 

一日目。金沢の香林坊にある、香舗『伽羅』にて『香道』の体験をさせていただきました。

『香道』は、希少な香木を嗅いで(『聞く』といいます)違いを当てるゲームです。

微妙は香りの違いを聞き当てるのは簡単ではありません。

 

 

ゲームと言っても貴族のゲームなので、シキタリがあります。

先ずは、けい子先生からシキタリを習います。

 

灰の中には炭火があり、綺麗な五角形の紋様を描きます。香炉の淵は布で清め、灰のてっぺんに薄い雲母を乗せ、その上に香木を置きます。

 

出香のけい子先生から、香炉がまわされます。

 

 

 

 

 

 

 

今回は、三種香という遊びです。

遊び方、

一、3種類の香木を3個ずつ用意しシャッフルします。その中から三つを選びます。

二、選んだ香木を順番に嗅ぎ、三つが同じ香りか違うのかを、聞き当てます。

三、3の階乗すなわち5通りの中から、答えを文学的に筆書きします。(例えば、3回の香りが同じなら尾花露。3回とも違えば緑樹林など)

けい子先生から、不肖私が満点を頂戴いたしました。

 

MOE勝どき橋

2014/1/24 カテゴリ: 下町さんぽ

 

隅田川に懸かる勝どき橋は、1940年に建築されました。名前の由来は、日露戦争の戦勝を記念して命名された勝どきの渡しだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

3連からなる橋の真ん中部は、大型船の航行時には跳開します。

 

しかし、どのような構造で橋が持ち上がるのかは長年の謎でした。

今回、橋のたもとにある資料館を訪れ疑問が解けました。

 

そのしくみは、橋脚と橋脚下の構造にありました。

橋の片側の重量は約1000トン。橋脚部分を支点にして橋脚下にある1000トンのバラストとで、やじろべいのようになっていたのです。

橋を上げるには僅かな力が必要で(それでも相当大きな電力とモーターが担いますが)、その後は自然と上がって行くそうです。

 

 

(写真は、橋が左右に開く中央部です。上流部の佃島の高層マンション群が見えます。)

 

残念なことに、 橋が最後に上がったのは昭和45年11月29日です。

橋が上がるところを見てみたいと思っている、勝どき橋ファンは大勢いるみたいで、『橋を上げる会』まであるそうです。

会の調査では、42年ぶりに橋を上げる事は構造的には十分可能だそうですが、モーターや電源などの再構築が必要で、約10億円かかるとのことです。

 

オリンピックが近くで開催されます。是非勝どきを上げたいものです。(水野)

 

ネットから失敬してきたCGです。

お店の基礎

2014/1/21 カテゴリ: ブログ, プチこだわり

懐かしい写真を発見しました。

 

一枚目は1階の施術室です。

二枚目はお店の入り口。

三枚目は2階の待合室です。 丁度階段を昇りきった時に見える場所です。

四枚目は2階のトイレ側から施術室を見た写真。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真からはわかりませんが、このお店を建ててたのは丁度暑い夏の季節でした。

味も出て来ましたが、まだまだ新築の家のような設計のお店に 是非足を運んでみてください!

一同お待ちしております!