SUCROSE 指圧屋シュークロース

ブログ

ブログ

国境の長いトンネルに入ったところ

2013/8/29 カテゴリ:

土合駅は、上越国境にある駅です。

 

上野方面から下車すると、ホームは新清水トンネルの中になります。

電車を降りて地上改札口までは、長い階段を昇らなければなりません。

 

 

 

 

階段の下から見上げて、上の方は霞んでいます。

その階段の数は、実に462段(338m)。

 

階段の左側のスペースが、エスカレーター設置予定地だそうですが、ここ数年の平均乗降客数は、20人/日前後とのことですので、JR御茶ノ水駅みたいに、設置決定とはいかないと思います。

 

JRは、利用するのは登山客だから大丈夫だべ、と考えているのでしょう。

 

 

 

 

 

地上に出ると、四方八方が山。

折角だから少し歩いてみました。

 

 

谷川岳ロープウエイの山麓駅を通り過ぎ、一ノ倉沢に向かいました。

 

しかし、山の日の入りは思った以上に早かったので、目的地まで行けませんでした。

それにしても、麓から見た稜線は美しく、

いつか山頂からの絶景を見てみたいなんて想像しちゃいました。(水野)

 

 

コップンカー

2013/8/18 カテゴリ: ブログ,

夏休みを頂き、他国の文化に触れてきました!

訪れたのは

バンコクから約1時間、サムイ島です。

南の島ですが、日本程蒸し暑くないです。

***************

みなさん、いかがでしょう?

ご存知の方もご存じない方もいらっしゃると思いますが‥‥

どうも私はお笑い芸人のあの方に見えてしまいます。

ビッグ仏陀です。

************

この島には 公開された僧侶のミイラがおります。

50までは普通の人生を送り、50から僧侶になり、自分の寿命を予言され ミイラになりました(らしい)

この姿になられて40年以上経った今でも髪の毛と爪が伸びてきているというからびっくり!

一体どーなってるの??

****************

サムイ島チャウエンという沢山のお店が並んでる中で、夜行くと長い列が!

ここは日本人がオーナーのタイ料理屋さん「NINJA(にんじゃ)」

招き猫が店内に飾ってあり

テーブルの下には蚊取り線香。流石です。

オーナーはアルバイトと言いながらホールで働いてます。

***************

こちらは物価が安いので、マッサージも1時間700円くらいで受けられちゃいます!

私は3回受けてきました。これが目的の旅です^^

*おまけ*

象によるフーレセラピーです。じょうず〜

我が良き友よ

2013/8/13 カテゴリ:

いすみ鉄道は、房総の山中をコトコト走ります。

 

沿線の旅客収入だけでは成り立たないので、『鉄ちゃん』が喜びそうな古い車両や、ムーミンの車両を走らせ観光客を呼び込んでいます。

燃料費も整備費も割高な古い車両は、利益重視のJRではもう見られません。

 

今回、乗ったのはキハ28とキハ52の連結車両。

キハ52系は、昭和の時代に良く乗った気動車。車内案内のオルゴールも昔のまま

冷房も無いので、窓は全開。 房総の風と、ディーゼルの音、田園の匂い 昔のまま

 

 

 

いすみ鉄道終点の上総中野からは、小湊鉄道に乗り換え、内房の五井までローカル線を堪能しました。

 

 

 

 

 

奥久慈清流ライン(水郡線)

2013/7/31 カテゴリ:

 

青春18キップは、JRの普通列車に限り1日あたり2,300円で乗り放題のお得なキップです。

このキップは、全国どこのJRでも有効なので、目的地を決めてキップを買う煩わしさがありません。ガイドブック無し、下調べ無しの旅が好きな私にピッタリです。

 

昨日、目的地を決めないまま上野駅に出て、東北本線、高崎線、常磐線の中から、一番先に出発する常磐線(水戸行き)に飛び乗りました。

 

水戸駅から常磐線(いわき行き)に乗るか、水郡線(常陸大宮行き)に乗るか迷いましたが、ローカル線(単線、非電化)の水郡線を選びました。

 

水郡線は、水戸から郡山の手前、安積永盛までと、支線を合わせ147Km。主に久慈川に沿って走ります。

 

水郡線の列車は、新型のキハE130系で、ローカル線の気動車としてはすごいスピードです。(平地で時速95Km)ただし、山間部ではカーブも多いのでもう少しゆっくりになります。

 

 

 

途中、上菅谷駅で支線の常陸太田方面と分岐します。

この駅は、沿線第3位の乗降客を誇りますが、跨線橋が無いので、改札に向かうのに線路を直接横断しなければなりません。

 

 

 

川東駅は、ピンクの駅舎

 

 

 

 

 

袋田駅は、袋田の滝の最寄り駅(滝へはバスで15分)

 

 

 

 

 

 

袋田の滝は、日本3大瀑布。

この水の勢いなら、水不足は大丈夫そうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終点の1つ手前の安積永盛駅から郡山までは、東北本線の線路を借りて走ります。

 

左側は東北本線の古い電車。遅く来たくせに、水郡線より先に出発しちゃった。

 

ローカル線は楽しいですよ。(水野)

 

怖い井戸

2013/7/22 カテゴリ: 下町さんぽ


文京区本郷の風呂無しアパートで育った私は、銭湯に行くのが日課でした。

 

 

アパート近くの菊水湯を通り過ぎ、鐙坂から一歩入った所に、

やや怖い遊び場がありました。

 

 

 

 

鐙坂の中腹、『金田一京助・春彦 旧居跡』の看板を左に曲がり、

 

 

 

 

 

細い路地を20mくらい奥に入って、

 

 

 

 

左に曲がって、

 

 

 

階段を降りた所

 

左手には井戸があります。

 

子供の私は、大げさに水を汲み上げ、必ず近所のオバサンに叱られていました。

久しぶりにこの場所を訪れましたが、井戸には40年以上前に見た怖いオバサンがいました。

…固まりました。

 

 

 

 

その井戸は『一葉の井戸』と呼ばれています。

一葉が、井戸の左手側、その後右手側に居住して、井戸を使っていたからだそうです。

 

 

この場所から、本郷菊坂のすぐ南側の細い道に抜けることも出来ます。

 

 

 

 

 

菊坂には、一葉が通った伊勢屋質店もあります。

 

 

子供の頃の遊び場は、一葉や啄木ゆかりの場所であったと知ったのは最近のことです。(水野)