SUCROSE 指圧屋シュークロース

ブログ

ブログ

末っ子が成人しました

2017/1/10 カテゴリ: 日常

昨日は、次男の成人式でした。

長男は農学部を卒業して、小売業界に就業しており、次男も指圧屋を継ぐつもりは毛頭ないみたい。

 

子供が成人して『やれやれ』ですが、指圧屋シュークロースは一代限りになりそう。

 

私、お客さんがひとりでも必要としてくれるなら、70歳までは頑張るつもりです。

 

そして、若い指圧師をあと何人か育てるのが夢です。

 

2017年。今年もよろしくお願いします。

 

指圧屋シュークロース 水野成夫

 

アドラーマイブーム(心理学)

2016/11/25 カテゴリ: 店長の指圧物語

フロイトと同じ時代に心理学の礎を築いたアドラーが巷では人気です。

 

ストレスの多くは対人関係から来るものであると考えますが、

 

アドラーは、一次方程式的に理解しやすい心理学です。

結果=目的×変数 みたいな。

 

 

 

 

 

 

 

アドラーは、人の思考を変える事なんて出来ない。自分の思考を変えるか無視すれば良いと言いきっています。

だから、「あの人に嫌われたくない」「あの人の行動を変えたい」なんて考えるのはナンセンスだと。

 

また、親や学校の先生でも(長い人類史上で)たまたま早く生まれただけのものだから、「上から目線で」諭してはいけないと言ってます。

 

行動心理学では、動物の行動は報酬(物や言葉)があると増加するとされますが、報酬がないとやりません。

だから、褒めてやらせるのも限界があります。

 

私は、今まで子供や従業員に「上から目線」をずいぶん繰り返してきましたが、いい人間関係を築けたかは疑問です。反省しています。

 

「ご苦労様」「お疲れさま」は「上から目線」でしょう。

「ありがとう」も使い方によれば「上から目線」になってしまいます。

 

アドラーが言う「同じ目線」を実践するために、ありがとうなどの言葉に、気持ちを込めようと思います。

本当の気持ちを。

 

 

 

 

 

 

 

 

元従業員は鉄子になりました

2016/9/29 カテゴリ:

古き良き国鉄の香りがする、只見線(小出〜只見〜会津若松)に乗りました。

 

 

乗客がたった5人の気動車は、 越後山脈に向けディーゼルエンジンを唸らせます。

 

 今回は、元従業員の沢田さんを誘っての鉄道旅です。(顔出し了承済み)

 途中、橋が流され不通区間もありましたが、無事に会津若松に到着です。

 

 

(種苗屋さん)

 

 

(スポーツ屋さん)

 

(造り酒屋さん)

酒屋で試飲できるのが鉄道旅の良いとこ。(水野)

強い指圧と弱い指圧

2016/9/16 カテゴリ: 店長の指圧物語

【強い指圧】が好きな、比較的体力がある患者さんには強い指圧を行います。

 

ただ、強い指圧とは力任せの指圧ではありません。

指の力を出来るだけ抜いて、全体重を親指に乗せて指圧します。強い指圧は深い指圧と考えれば分かりやすいかもしれません。

 

【弱い指圧】は、病中病後や虚弱体質の患者さんに行います。

 

経絡(気の通り道)を整えて、内臓や血流の不調などを改善するのに効果的です。弱いと言っても「押す力」と「引く力」を拮抗させながらの指圧ですので、強い指圧より疲れます。

 

 

では、【強い指圧】と【弱い指圧】はどちらが気持ち良いのか?

 

強い指圧は、深い筋肉(姿勢保持筋)が緩むときの気持ち良さがあります。

また、弱い指圧は、身体の中から暖かいのもが湧くような気持ち良さです。

 

私は、患者さんの体調により、【強い指圧】と【弱い指圧】と取り混ぜなら施術しますが、状態を見誤ると良い施術が出来ません。

 

良い施術とは、気持ちが良く、効果が持続することと思料します。

 

 

 

すゞやかなる郡上八幡

2016/8/18 カテゴリ:

岐阜県の美濃太田より長良川沿いに走るローカル線に乗って郡上八幡に到着しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

郡上おどりの踊り子や観光客で賑わう中心部を避け、先ずは八幡城から市街地を俯瞰します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

郡上八幡は、『水の城下町』と言われています。お城からは長良川支流の吉田川の流れが見えるものの、水量豊富な感じではありません。この日の最高気温は36度。暑いだけの郡上八幡か?

 

 

 

 

 

 

 

いえいえ、城下に降りると、町家には豊富な山水や湧水が生活用水となっており、涼やかでした。(水野)