SUCROSE 指圧屋シュークロース

ブログ

ブログ

つながっていたんです

2012/9/25 カテゴリ: 日常

新店舗のコンセプトを考えるにあたって、指圧を受けていただきながら長い時間話を聞いてくれたお客様。沢山のお土産や贈り物、特にヨーロッパの雑貨やキュートなカップ&ソーサは店舗の顔になっております。

そんな大恩人。開店の報告は一番にと思いましたが、引っ越し先が分からなかったので、連絡ができませんでした。

 

先日、偶然にもHPを見てくださいましてご連絡をいただきました。

更にうれしいことに、お店の名前にちなんで京都緑壽庵清水の金平糖を贈っていただきました。

 

金平糖は、一昼夜で出来る物ではなく、職人が根気よく愛情をかけながら2週間以上かけてつくるそうです。

だからおいしいんですね。

 

この金平糖は、わたしどもが、『最初から最後まで、根気よく愛情を込めて施術をしなさい』というありがたいメッセージであると理解しています。

いろいろな味の金平糖詰め替えセットもありがとうございます。愛情を込めていただきたいと思います。

 

 

京都での出会い

2012/9/23 カテゴリ: プチこだわり

お店にある、素敵なランプを紹介します!

 

玄関入ってすぐ横に吊るしてあるライトです。

京都で引き寄せられるように入ってしまった、アンティーク風ランプのお店で出会いました。

直ぐに連れて帰りたかったのですが、作家さんの作品の為 東京で待つ事になりました。

 

市松模様の色の組み合わせは女性を虜にするそうですが、男の店長も虜になったので 魅惑のランプです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、こちらが2階のアロマの棚で輝いてる落ち着いた色合いのランプです。            作家さんは「月」をイメージして作ったらしく、個人的にはこっちの方が気に入ってます。

アンティークランプ屋さんには他にも綺麗なランプがたくさんあって、こじんまりしたお店の中はヒカリと様々な色に包まれて 時間を忘れるような空間でした。

 

 

こちらがそのお店です  ⇒ http://www.anetaka.net

姉小路高倉 さん、先日はお世話になり ありがとうございました!^^

 

 

本多さん

2012/9/22 カテゴリ: プチこだわり

この店を建てた、大工の親方の本多さん(左)です。

いつも人の心を包み込むように、穏やかに話します。カウンセラーになればよかったのにと思います。

女性スタッフのひとりは、お腹が出ている店長(同じ歳)よりかっこいいと言ってます。

恋の宇都宮餃子旅

2012/9/19 カテゴリ:

上野から、はるばる電車に揺られ、たどり着いたのは北関東の首都『宇都宮』です。

 

 

 

 

 

宇都宮と言えば餃子があまりにも有名です。

今回は、餃子のはしごをしようとやってきました!

先ずは、栃木県庁南庁舎2号館のそばの『青源』本町店へ 味噌屋が元祖のここの餃子はサッパリ目です。ネギ味噌ダレがおすすめとのことですが、やや上品すぎます。

次は、

青源のそばにある、『じゃじゃえ』で、レンコン餃子と生ビール。じゃじゃえは、盛岡のじゃじゃめんのお店ですが、ここの餃子は独特で塩、胡椒でいただきます。餡のレンコンがさくさく歯ごたえがあって、とても美味しかった。更に、じゃじゃめんまで食べてしまったので、満腹中枢が満たされて餃子のはしごがピンチに、、、

しか〜し、宇都宮まで来て『みんみん』を外してはいけません。

みんみん宮島町の本店は、汚い(失礼)ラーメン屋風です。ここの餃子はジューシーでしかもリーズナブル。餃子浪漫(地ビール)との相性もばっちり。 (一つ食べてから撮影)

 

 

 

 

 

 

宇都宮の名物がもうひとつ。実はカクテルの街でもあります。 中心街ではたくさんのBARあり、どの店も安心して飲めます。(しかも、東京ではカクテル2杯で5,000円の予算が、ここでは全部込みで2,000円以下)

もう一つ、この街のいいところは、美しい女性。しかも友好的。

写真は、メルアドを交換しているところ。  (取材は水野でした)

無垢フローリング

2012/9/18 カテゴリ: プチこだわり


彼の名前は「サザンブラック」

 

彼女かもしれません。

 

「表面がとても硬いので、ピンヒールで突かれても着色塗装品のように色落ちするすることは絶対にない」とショールームで説明を受けた時、当初 店内は土足の予定でした。

 

しかし、完成してみると すごく綺麗で

裸足で歩くととーっても気持ちいいのです!

 

そんな理由で、店内はスリッパ使用になりました。

お時間に余裕がある際は、是非裸足で歩いてみて下さい(^^)/

因みに写真は、当店2階の待合室になります☆